ビューティーアップ・コミュニケーション:トータルビューティーコーチ雅美の想い

セルフメイクで輝く女性を応援したい!! 少女漫画で火が付いた「美」の道 小学生の頃、少女マンガの中の女の子がとっても可愛くて自分でも描けるようになりたいと毎日絵を練習していました。

ちょっとした眉の形や配置でぜんぜん印象が変わることを絵を描きながら感じ、可愛くとかかっこよくとか、印象を分けて出来るように工夫するのがとっても楽しかったんです。

次第に、自分もきれいになりたくて母の化粧品を勝手に使い、友達の誰より早くメイクを始め、気が付けば、教えるのも趣味に!
中学校から友達にメイクを教え始めました。


小さい頃から太っていたコンプレックスもあったので、メイクで自分に自信が持てるのがとても楽しく、友達が綺麗になって喜んでくれるのもすごく嬉しくてメイクは学生時代の夢中な趣味でした。


自分に自信を失い引きこもる日々 高校卒業後、歯科の専門学生になった直後に突然成人性アトピー性皮膚炎になり、みるみる悪化。
症状は顔に集中し、メイクは全く出来なくなり、顔はまっ赤で、目は腫れ、肌もひどく乾燥し、見た目も大きく変わってしまった自分を、全く受け入れることはできませんでした。


自分に全く自信が持てなくなり、人に会うことが辛く、専門学校をやめ誰にも会わず自宅に引き込こもる日々・・・。

外見の変化が、内面に与える影響の大きさを、身を持って実感した数年間でした。



外見は自分にとって、とても大事な一部だった 自分が自分であることには何ら変わりないのに、見た目に自信を持てない事で自分の存在を否定してしまう。
人とコミュニケーションを取るのも怖くなってしまう。

こうなってみて初めて気がついたことですが、外見は自分にとって、ただ楽しむだけではないとても大事な一部だったのです。


その後、本当にありがたいことに家族のサポートもあり少しづつ症状は回復し、社会生活にも復帰
徐々に自分を楽しむ喜びを取り戻し、社会人になってからはますます趣味のメイクが大好きになりました。



女性の外見と内面共に輝く事をサポートしたい 社会に出てから仕事で大きな壁にぶつかった時、これからどう生きて行くのかを悩み、そしてコーチングに出会いました。

コーチングとの出会いで自分の可能性に制限をつけず、本当はどんな風に生きて行きたいのかに正直になることができ、

「やっぱり、自分の体験したことで人を力づけたい!!外見も内面もトータルに関わり、女性がその人らしく輝く事をサポート出来る存在になりたい!!」

という思いから、メイクやパーソナルカラー、コーチングを本格的に学び始めました。


アトピーになった時期がなければここまで将来に実現したいことを深く捉えなかったかもしれません。
たくさん悩んだあの日々があったからこそ今誰かの力になりたいと心から思える様になったんです。



セルフメイクで輝く女性が日本中に溢れることを目指して メイクは特別な日だけでなく、毎日の流れの中にあります。
女性は、鏡を通じて日々自分と向き合っています。

自分で自分を輝かせる「セルフメイク美人」になれることは、とっても大きな意味があると私は思うのです。

毎日のことだからこそ、自分に少しでも自信が持てることの積み重ねが、例えば人とのコミュニケーションをより良く取れる事に繋がったり、色んなことにチャレンジしたり、積極的になる力をくれたり、そこに計り知れない可能性があると私は確信しています。


自分を自分らしく輝かせてくれるメイクで、1人でも多くの女性がご自分のあらゆる可能性を発揮して、なりたい自分を手にして頂けることをこれからもっとサポートさせていただきたいと思っています!


ビューティーアップ・コミュニケーション

トータルビューティーコーチ雅美の想い